そのままでいい。みんなと違っていい。吃音当事者が伝える吃音症の生き方
menu
吃音の本当のところ|私はずっと吃音症
吃音の本当のところ|私はずっと吃音症
そのままでいい。みんなと違っていい。吃音当事者が伝える吃音症の生き方

吃音の本当のところ|私はずっと吃音症

話そうとすると言葉がつっかかる。思っていることを言葉にして伝えられない。電話が怖い。人に笑われる・・・。吃音症として生きることの苦悩と、吃音と共に生きるための術を、吃音当事者が本音でお伝えします。

最近の投稿

からかわれ、笑われ、真似される | 中学生時代の吃音遍歴

[ad#link-unit] 自己紹介に明け暮れた入学直後 中学校へ入学すると他の小学校の卒業生と一緒になるので、クラスの半分以上が知らない人になります。私の吃音を知らない人ばかりになるので、上手くやっていけるか入学前か…

吃音を理解してくれた担任の先生との出会い | 小学生時代の吃音遍歴

[ad#link-unit] 吃音を治したい。吃音を意識し始めた小学生のころ 吃音は、話す言葉が決まっているとどもりが酷くなりますが、話しにくい言葉(単語)を避けて、発音しやすい言葉を選べる日常会話は、割とスムーズに話す…

覚えてるけど声が出なかった「はじめの言葉」 | 幼児期の吃音遍歴

[ad#link-unit] 大人になって分かった言葉の教室へ通った理由 私が通っていた幼稚園には制服があって、毎朝、制服に着替えて近所の集合場所へ行くと先生が迎えに来て、友達と一緒に集団登園していました。しかし時々、制…

吃音で生きることが嫌になったら | 人生における幸せとは

[ad#link-unit] もう嫌だ!生きることをやめたい 吃音があることで笑われたり、変な目で見られたことは一度や二度ではありませんでした。子供の頃、学校で教科書を読む順番が回ってくると、立ち上がって読み始めるのです…

吃音を認める、吃音を受け入れるとはどういう事か

[ad#link-unit] 吃音が出やすい相手と出にくい相手の違い もし吃音を直す方法があるとしたら、吃音に悩んでいる人の殆どがその治療を受けるでしょう。薬で吃音が治るのであれば、どんなに高額な薬であっても手に入れるで…

私が吃音に向き合えるようになれたきっかけ

[ad#link-unit] 吃音について語られた、ある一冊の本との出会い 私は自分の吃音に向き合うことを避けていました。正直なところ、今でも自分の吃音を直視したくありません。吃音である自分が嫌で嫌で仕方がないのです。だ…

プロフィール

吃音 渡邊大輔
渡邊大輔

幼児期よりの吃音症で、小学校3年まで言葉の教室へ通っていました。現在でも難発、連発、伸発の症状があります。これまでの吃音経験を踏まえ、吃音によって生じる様々な悩みに対して、私なりの考えをお伝えしています。山梨県富士吉田市在住。